>>視力を良くするのは眼球運動だけじゃないんですよ?<<

パソコン対策

室内照明はややうす暗く

ぱそこ.jpg



目に優しいパソコン対策について書いてます。
2回目は、室内照明をややうす暗くするとい
う点です。パソコンの使用中、目を楽に使う
ためには室内の照明は、うす暗い方が望まし
いのです。



コントラストが少ない方が、目は楽なんです。
目は明るさに合わせて自分を調節しないとい
けません。その時に瞳孔反応を伴うために、
コントラストが激しいと目が疲れちゃうのです。



ですから、夜真っ暗な部屋でパソコンをする
のもコントラストが激しすぎるのでやめてお
いた方がいいのですね。


プロジェクターで視力低下?

かたむける.jpg


プロジェクター視力低下




パソコン対策の実践編です。
まずはパソコンストレス軽減法からです。



プロジェクターを通してパソコン画面を見ること
です。パソコンの人工光、直接光を見ることが、
目の疲れの大きな原因です。



直接光を間接光に変えることで、目の負担を2分
の1〜3分の1に減らせます。パソコンにプロジ
ェクターを接続し字を大きくしてスクリーンや壁
に映してみてください。目と脳の負担が軽減します。
結構大変ですね・・・




あとは画面を15度後ろに傾けることです。人は
ボーッとして目を休めている状態では、物を20
度下向きに見ているようです。これが自然な角度。




画面を見るときに求められる目の平行移動は、目
の周りの筋肉の緊張を増やします。これが目のス
トレスになるようです。適切な焦点を維持するた
めにも、画面を15度くらい後ろに傾けて設定す
ることが望ましいようです。



顔のツボが電磁波を受けやすい

つぼ.jpg



目が弊害を受けやすいひとつの理由は、多く
のツボがあるためだと言われています。ツボ
がある部分からは電磁波が吸収されやすいの
ですね。



ちなみにこのツボは押しととても気持ちがい
いのですね。でもパソコンからなるべく離れ
て携帯電話もイヤホンマイクも離す方がいい
んですよね。



ともかく破壊的な作用がパソコンから携帯か
ら降り注いでその電磁波によってカラダが変
質していくことを忘れないようにしてくださ
いね。



仕事などに過剰にパソコンを利用し、やる気
がでない、疲れやすいといった症状を訴えら
れる方も多くいらっしゃいます。



Copyright (C) 視力回復を40代から手術以外の方法で!. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。