>>視力を良くするのは眼球運動だけじゃないんですよ?<<

質問Q&A

乱視は心配すべきですか?




近視があると言われても何も思わないが
乱視があると言われると心配になる方は
多いようです。



乱視は別に珍しいことではないようですね。
厳密に言えばほぼ全員に乱視を持っていると
言えるようですね。



乱視の正体は角膜の立体的な歪みです。
ほとんどが生まれつきのもののようですね。



顔が全く左右対称な人がいないように
角膜も微妙に歪んでいるんですね。



特に強度の乱視でない限り心配ご無用ですね。
問題は乱視が視力に大きく影響しているかどうか
なんですね。




近視を治すために視力回復センターに行きますが?




近視は仮性近視と本当の近視と
理論的に分けることができますね。



仮性近視とは近くを見続けることによって
目の筋肉が疲労した状態と考えられています。



これは点眼薬と目の訓練で治るものですが
これを約1ヶ月やって無理なら本当に近視と
いうことになりますね。



本当の近視は単なる筋肉疲労ではなく眼球その
ものが変化している様子をいいます。



極端にいえば前後に伸びたラグビーボール
のような眼球になっています。



これを元通りにはできません。視力回復センター
そもそも近視の治療はないと考えていいでしょう。



近視の人は目が悪いのでしょうか?




近視だからといって
目が悪いわけではないようです。



これにはおもしろい歴史があるようです。
戦争中に敵をすばやく見つけるには、視力が
良くないといけない、だから近視は悪い!と
日本政府が国民を洗脳したと言われています。



当時は必要かもですが・・・



でも現代社会では、必要な情報のほとんどは
本やTV、パソコンなどの手元にあります。



よって近くが見やすい近視の方は
より現代社会に適合したもののようです。



近視は手元がみやすいというメリットが
あり、近視がすべて悪いというのはないですよ。


Copyright (C) 視力回復を40代から手術以外の方法で!. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。