>>視力を良くするのは眼球運動だけじゃないんですよ?<<

質問Q&A

オルソケラトロジーで視力回復?




オルソケラトロジーとは?



コンタクトレンズを視力回復の手段として利用する、新しい方法として現在、話題になっているのが
オルソケラトロジーなんですね。




オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に
装着して、昼間の視力を回復させるものです。
手術以外ではこれが画期的みたいです。




オルソケラトロジーでは、寝ている間に
高酸素透過性のコンタクトレンズを装用します。
それによって近視を矯正するんですね。




それぞれの個人の角膜の形状や近視の度数に合わせて、
特殊なレンズを作成します。そのレンズを夜間に装用
するだけで、日中は裸眼で生活することが可能になる
んですね、すごいな。




視力回復のレーシックとは?




視力回復の最新の方法が
レーシックですね。



角膜屈折矯正手術の一種です。目の表面の角膜に
エキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変える
ことによって、視力の回復を目指す手術ですね。



角膜厚が足りない場合や、合併症があるなどで、
適応できない人がいるようです。また、近視が進行
しつつある10代など、若いうちは手術が受けられません。
18歳以降なら可能になりますね。



レーシックの利点は、眼鏡やコンタクトレンズが
必要なくなることです。この手術の受ける人のなかで、
スポーツ選手が多いのもこのためです。また就業にある
程度の裸眼視力が必要な職業である、警察官や電車の運転手
などを希望する人のなかでも、就職前にこの手術を
受けている場合がありますね。



しかし医学的にもリスクもあります。
この危険性をよく理解した上で決断されることを
お勧めしますね。



視力回復の目薬がある?




視力回復の目薬がある?



視力の低下で眼科に行ったときに
仮性近視だと言われました。



メガネを作らずに目薬で治療すると
言われたようですね。


この薬は何か?



その目薬の成分は、調節麻痺剤(ミドリンM) です。



なんとこの調節麻痺剤(ミドリンM)入りの目薬
をさすと、毛様体筋の筋肉に働き、調節力を麻痺させ、
遠方を見ているのと同じ状態にするそうですね、すごい。




遠方を見ているのと同じ状態にすることで、
仕事やゲームなどで緊張してしまった、毛様体筋を
リラックスさせ本来の調整機能を取り戻す働きがあります。




眼科で検査して処方箋を受け取らないと、目薬を貰う
ことができません。さらに、眼圧が上がる副作用があります。








Copyright (C) 視力回復を40代から手術以外の方法で!. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。