>>視力を良くするのは眼球運動だけじゃないんですよ?<<

低下防ぐため

目が悪い人は血のめぐりに問題あり

しょく.jpg



ある外科医の話。最近の人は手術をすると血管
が硬くてメスで切りにくくなったと嘆いていた
そうです。



食生活の欧米化により血液の質が低下し動脈硬
化も進んだのかもしれません。これは目にもい
えることです。



近視の合併症の急増がそれです。緑内障、白内
障、網膜はく離はもとより、ドライアイ、飛蚊
症なども血管がもろくなり血液の質と量の低下
が原因となっておこる循環障害です。



コンタクトと眼鏡をつけない、かけない。

かけない.jpg


なぜ目が悪くなればコンタクトや
眼鏡にお世話になるのでしょうか?



言わば視力が低下するともう治らないという
思いこみから皆がそうします。きっと視力が
回復できたという方はいないからですね。



親がつけているからということでそうする
人もいます。確かに遺伝はかなりの確率がある
ようですよね。


でもどうしょうか?
治癒はかなり実績で示されています。



コンタクトや眼鏡をすぐにつけるのは早計です。
治る可能性があるんですから。
これは眼鏡やコンタクト屋さんは
絶対言わないことです。



骨折してもリハビリすれば治ります。
筋肉をつくるんです。
しなければ治りません。






視力の常識を把握しましょう。

うそ.jpg


常識と真実は違いますね。流行のようにコロコロ
変わる常識に振り回されないことです。



屈折度数の改善を伴った視力回復が本当の視力回
復なんです。ビジョン・フィットネスセンターに
はこのデータが27年分あります。



いつでも視力回復を証明できるそうです。なお、ア
メリカにはオプトメトリスト(視力眼科医)という
国家資格があります。



眼科が目の病気の専門家であるのに対してオプトメ
トリストは視力の専門家で保険も適用されます。こ
の制度はカナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国、
アジアでは韓国、フィリピン、中国などで制度化さ
れたり、制度化されつつあります。




Copyright (C) 視力回復を40代から手術以外の方法で!. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。