>>視力を良くするのは眼球運動だけじゃないんですよ?<<

後部硝子体剥離とは?




加齢やストレス、紫外線などにより、徐々に硝子体
の水分と繊維組織が分離し、 水分だけが硝子体内
にぽっかり浮かんだ状態になるんですね。



この水分の固りは、しだいに大きくなって網膜との
間をさえぎる形で硝子体内を満たします。 これを
後部硝子体剥離と言うんですね。


>>目はテレビやパソコン見るから悪くなるの?<<


網膜剥離や「新生血管」が破れる素地となり、
出血が起こりやすくなるのです。 そして、硝子体内
に血液が混じると飛蚊症の症状が現れます。



早期の状態であれば、入院せず出血部を レーザー
光凝固法で固めることで治ります。 しかし、ある
程度進行してしまうと混入した血液が硝子体を変質
させるため、 硝子体そのものを取り除く手術をする
場合があるんですよ。

コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 視力回復を40代から手術以外の方法で!. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。